トバイアス(チャネル1) クウォンタム・リープ・セレブレーション

The Quantum Leap Celebration- Taos, New Mexico,
   Featuring Tobias (Channel 1)

※元CCJ代表 山崎邦明氏の許可を得て転載しています。

クウォンタム・リープ・セレブレーション− ニューメキシコ州タオス:
トバイアス(チャネル1)
クリムゾン・サークル 2007年9月17日


そして、このように(And so it is)、親愛なるシャーンブラ。そして、このように。(聴衆、歓声と拍手)

アテンション・プリーズ(笑)。ご注目お願いします! これはあなたがたの車掌の声です− トバイアス、アダマス・セント・ジャーメイン、クツミの− 古いエネルギーの列車が、あと9時間で、新しいエネルギーの駅のホームへ入ることを、あなたがたにお知らせするチャネリングです。起きてください、シャーンブラ、列車はおよそ9時間で、駅へ到着します。


私たちの旅

アークのオーダーからの旅、この、ときに遅くて、ときにとても古風で、難しい列車での旅は、長いものでした。私たちが、前の駅をともに出発して、誰も行き先の分からない旅を続けることを選んだのは、大昔のことに思われます。一緒に参加することを選び、力を合わせ、私たちのエネルギーを、この地球と呼ばれる場所へ、降下させることによって、天界の意識を拡大するという、この驚くような経験の重要な一部になることを、選びました− 私たち自身を、物質の中へ降ろすことによって− アークのオーダーにある、あの駅を出発し− この旅に、ともに加わりました。それは、とても昔のことに思えます。でも今、次の駅へ入って来ている間に、私たちが共有して来た、たくさんの、たくさんの生涯の全体を、振り返ってみましょう。私たちをこの地点へ連れて来た、試練や苦難を、振り返ってみましょう。

憶えていますか− あなたがたの何人かは、憶えているでしょう− 私たちが、アトランティスを体験した時代のことを? 一緒に生活したり、シェアしたり、身体とマインドを順応させたり、心を開いて、私たち自身についてもっと発見したり、人間であることについて、もっと学ぶという、驚くような冒険でした。

それよりもさらに前に、あなたがたの何人かは、この列車が、レムリアの時代を通った時のことを、思い出すかも知れません。通過中の列車の窓から、生物学的な存在の、驚くような種の数々をながめるのは、どんなに面白かったことでしょう− 生物学的な存在になると、どんな感じがするのかを想像して− それから、その中の肉体の一つになるのは、どんな感じがするのかを、まさしく発見しました。あるいはおそらく、多くのみなさんは、私たちがともに旅した、その部分のことは、大昔のことだったので、憶えていないのです。

私たちが乗っている、とてもユニークな、この多次元の列車は、時間と空間と呼ばれるものです。私たちが一緒にいる、このとても直線的な、線路の上を走る列車の、客室の内部では、このとても遅い動きの、時間という原動力と、このとてもやっかいな、空間という要素があります。でも私たちは、その内部で生きることを、学んで来ました。私たちはその内部で、私たち自身と、お互いについて、より多くを発見することを、学んで来ました。私たちは、レムリアを通過しました。この列車は、アトランティスを通過しました。私たちはともに、意識のシフトの時、およそ紀元前630年に、停車しました。

お分かりのように、私たちの列車の旅の道すがら、いつくかの移行(シフト)や、変化がありました。ときどき脇道を通ったり、ときには低い道を通りました。紀元前630年に、この「古いエネルギーの人間」と呼ばれる列車の上で、私たち全員がその一部だった、意識のシフトがありました。その意識のシフトが、二千年前の、イエシュアの時代に、私たちを連れて来ました。もう一つの変化、もう一つの移行、多くのあなたがたがたった今、昨日のことのように感じ、憶えていることです。なぜならイエシュアのエネルギー、サナンダのオーダーは、実に一部− 私たちの旅の最後の行程の、重要な一部だからです。

意識の風景を通り過ぎるにしたがって、私たちはともに、他の移行や変化を、経験しました。16世紀前半。産業革命後の19世紀後半。あなたがたのほとんどはそこにいて、それもまた、経験しました。それから再び、このまさに、第二次世界大戦直後の意識と呼ばれる、もう一つのシフトを目にしました。人類が、前進することを選ぶことを決定した時には、人々の間の平和と呼ばれるものを、何とかして見つけようと選択するのが、常でした。お互いを破壊したり、世界を征服しようとするよりも、人類は、ともに生き、働き、協力することを選ぶのが常でした。今やもう、ある国や、ある一人のリーダーや、あるグループの人々が、世界を征服するのは、不可能であることに、気づいていましたか? 私たち全員が、第二次世界大戦直後に目にした、意識のシフトのおかげで、それはできないのです。

その他の移行もありました。私たちが今、クウォンタム・リープ駅へ、到着する準備をしている途中で、あなたが、身の回りの品をまとめ始めている途中で、他の移行のいくつかを、思い出すかも知れません。あなたがたのとても多くが、積極的な役割を果たした、1960年代と、1970年代前半の移行。意識を、その中核のレベルで変えたこと。戦争と呼ばれるものを、拒否したこと。新しい(オルタナティブな)ヒーリングの技法や、新しい意識の技法、瞑想のようなものを使って・・・何人かのみなさんは、ドラッグのようなものを使って・・・あなたがたの意識を開いたこと。でも、事実、あなたがたは意識を開きました! ときどき、それは列車の旅をほんのちょっとだけ、いい気分にしましたが(笑)、でも遅かれ早かれ(トバイアス楽しんでいる)、自然なバランスに戻って来ました。

千年紀の終わりに起きた移行− 1999年− 興味深いことですね、シャーンブラ。1999年の8月に、シャーンブラが、公式の集まりを再開したのは、興味深いことです。一番最後の、そして最大級になるであろう、意識の移行のために、この7年、あるいは8年の間に起きて来たことのために、ともに集まりました。

さて、私たちはクウォンタム・リープ駅へ、ますます近づいて来ています。私たちの全員にとって、あとたったの数時間です。私たちがともに分かち合って来た、特に、シャーンブラの旗の下に戻って来た、この人生の旅を、振り返ってみましょう。困難は、確かにまだそこにありますが、旅の最後の行程は、常に、最も大変なものです、お分かりですね。

あなたがたがこの素晴らしい旅に出た時、あなたがたがその列車に乗り込んで、アークのオーダーを去り、地球へやって来た時、ああ、あなたがたは興奮したものです。肉体の存在になるのはどんなものなのか、あなたがたは大志や夢を抱きました。でも、まさにこの旅の最後の部分で、エンジンが疲労する時、私たちが旅をするために乗っている貨車が、古くなり、キーキーいって、だめになりそうな時、あなたがたは、それがもう、役に立たないことを知りました。あなたがたは、遥かに壮大な何か− スピリチュアルな技術(テクノロジー)があることを、知りました。それがあることを、知ったのです。そこが最も困難な箇所です。そのためにこの10年間は− 私たち全員が乗って来た、この美しい乗り物の、旅の全体に比べれば、それはほんのまばたきや、閃光で− そのために最も困難だったのです。

あなたがたは、意識の追い上げを図って来たのです。あなたがたは、この全体の旅が、終わりに近づいていることを、知っていました。古いエネルギーの意識にいるうちに、できる限り多くを学んでおこうと、努力して来ました。まだ古いエネルギーにいるうちに、最大のチャレンジの幾つかを、自分自身に与えて来ました。あなたがたの何人かは、古いエネルギーの貴重な諸相(アスペクト)の数々を愛していて、将来、ものごとは二度と同じようにはならないことを知っていたので、この終わりの時期に、できる限り経験を蓄えようとしました。

あなたがたのとても多くが、単純に、限界まで行くのはどういうことなのか、自分自身の内側の、古い意識の境界へ行くのはどういうことなのか、を発見するために、人生のチャレンジや困難を、経験して来ました。あなたがたの何人かは、これらの新しいエネルギーの意識の役割をも、他の人たちのために引き受けて、彼らの変化するところや、育ちつつある自己を感じ、彼らの変わりゆく意識を感じ、文字通り、彼らのエネルギーを自分の内側に引き受けて来ました。でも、今私たちは、シャーンブラ、最後の時間に、私たちが地球上の古いエネルギーの意識と呼ぶものの、最後の時間にいます。


意 識

意識とは本当は何なのか、見てみましょう。意識は、気づき(アウェアネス)です。マインド(頭脳)から来る気づきだけではなくて、あなたのすべての部分から来る、気づきです。あなたがたの何人が、最近、ちょうどそこの胃の中に、それを感じたでしょうか? ちょうどそこに。それは意識です。意識は、あなたの肉体に影響を及ぼしていますが、あなたは何かを感じているわけです。あなたがたの何人が、それを肩の中に感じましたか? 背中の中はどうですか? あなたがたの何人が、それを夢の中で感じましたか? 空想(イマジネーション)の中で感じましたか? それはすべて、意識− 気づきの一部です。気づき。あなたの外側の環境への気づき、他の人々への気づき。でも、この最終ステージでは、あなたの純粋な自己(セルフ)への気づきがあります。

とりわけここ数年間は、あなたがたは、自分について学ぶために、大きな限界へ向かっていました。純粋な自己や、人間の自己や、自己の闇や、自己の潜在可能性や、自己が愛することや、自己が嫌がることについて、学びました。それらすべてのことは、この気づき、この意識を得るためでした。

ここ数年の間、あなたは加速されたペースで、自分自身について、多くを学んで来ました。私たちは、それが困難だったことを知っています。私たちは、ときどきあなたがたが怒って、この列車の車掌である私たちが、あなたがたのために処理するべきだ、と思っていたのを、知っています。でも思い出してください、私たちが古い駅を出発した時に、「私たちは、あなたの代わりに、してあげることはできません」と言いました。私たちは、導く助けのためにそこにいました・・・安心させるためにそこにいました・・・あなたのチケットを回収するためにそこにいました・・・私たち全員がともに、新しいエネルギーのクウォンタム・リープ駅へ辿り着くことを、確証するためにそこにいました。でも、それをするのは、あなたがた次第だったのです。


私たちのエンジニア

おお、ところで、私たちがアークのオーダーを去って以来の、この列車のエンジニアは、「メタトロン」主任でした。この意識の列車の、主任エンジニアです。彼は、あなたのスピリットの声でした。それはあなたでした。それは、この列車を導く助けをしている、メタトロンと呼ばれる存在を通した、あなたがたのシャウドでした。この存在が一貫して、常にそこにいた理由は、それが、あなたがたを代表しているからです。ほんの数時間以内に、私たちはクウォンタム・リープ駅に到着しようとしています。メタトロンは前進しません。メタトロンは先に進みません。なぜなら、メタトロン、あなたのスピリットの声は、変容するからです。私たちは、未だかつてないほど、よりあなたらしい、新しいエンジニアを迎えることになります。そして、これまではメタトロンだった、そのエンジニアの名前は、ヨハム(Yo-ham)です。

ヨハム− あなた、神。神なる人。もう、「まあ、なるようになるさ」なんて言わないでください。それは本当に、この列車のあなたがたの車掌にとっては、黒板を爪でひっかく音のようです(笑)! 「まあ、なるようになるさ。」 それは、古いエネルギーの物言いです。なぜなら、新しいエネルギーでは、それは「私が創造するものが、私です。私が選ぶものを、私は経験します。私は、私であるものすべてです」になります。もう、「まあ、なるようになるさ」はたくさんです。それは、古い意識のマス目(グリッド)や流れに沿って流されて、ただ身をまかせるだけの人のための言葉です。意識の流れが、人々を打ちつけ、導き、押し流すままにして、それでも思慮のある意識も、選択も、創造者としての主権(creatorship)もなく。


新たな可能性

さて、私たちは、あと少しで駅へ到着して、これから何が起きるのでしょう? そうですね、私たちはいくつか手がかりを差し上げましょう。残りの人類は、必ずしもこの列車に乗っていません。彼らに変化を期待しないでください。彼らは彼らの列車に乗っていて、彼ら自身の時間で進んで、二元性のエネルギーに留まるでしょう。彼らが選んでいることなので、彼らを尊重するのは大事なことです。彼らが経験の一部として、ものごとを選んでいるのを理解することは、大事なことです。ですから、彼らの列車の、古いエネルギーの世界に、変化を期待しないでください。それは、彼らを変えようとすることではなくて、あなたがたが通り抜けている、変容についてです。私たちが、もう少しで新しいエネルギーの駅に到着することで、あなたの可能性、あなたの可能性が著しく増えることを、理解してください。

私たちは、可能性としてのそれ、これらのすべての泡、あなたが手にすることができる、これらすべての相として、それを見るのが好きです。他の誰かによって、創られたのではなくて、あなたがたが創造したものです。それらは、あなたがたの未来です。それらは、あなたがたの次の瞬間です。それらは、あなたを阻止したり、落ち込ませたり、引き戻そうとしたりするものではありません。それらはあなたの可能性です。この古いエネルギーの列車の上では、制限された可能性の集合と、あなたの次の瞬間や、これからの日々や年月がどんな風になるのかの、有限の、きっちりと定義された集合によって、あなたがたは機能して来ました。でも、新しいエネルギーでは、あなたの可能性は指数的に、次元間的に、そして何より素晴らしく増えます。

さて初めは、あなたは認識しないかも知れません。あなたは、「彼らは何のことを話していたんだろう、これらすべての可能性なんて? 私には何もかも、同じに見えるけど」と言うかも知れません。でも、どうかそこで、立ち止まってください。その瞬間で立ち止まってください。深呼吸をしてください、ヨハム。あなたである、神よ。あなたは、二元的な三次元の可能性の領域の外へ、拡がることができるのを、思い出してください。新しい可能性の一揃いは、これから、私たちが定義しようとするものでさえ、ないのです。それらはとても新しいのです。それらはとても、かけがえのないものです。私たちはそれを、人間の言葉− 直線的な言葉と、関連づけようとはしないでしょう。

この列車の旅で、それほど前のことではないですが、私たちが定義しないことについて、話したのを憶えていますか?(訳註:ティーチャー・シリーズ シャウド9を参照) 黙って聞いてくださいよ?(聴衆とトバイアスの笑い声) 許すこと、拡大すること、言葉の必要性を超えること。ですから行き詰まりを感じたり、制限を感じたり、自分を小さく感じたら、そこのところで、立ち止まってください。ヨハムよ。深く呼吸してください。その可能性は壮大であることを、思い出してください。そしてその可能性は、あなたがたが人間の生活と結びつけて来た、どんな尺度の上限をも超えます。あなたがたの意識の可能性のことです。


私たちの到着

あと数時間で、私たちはクウォンタム・リープ駅へ到着いたします。あなたが荷物を置いているかも知れない、頭の上の棚を忘れずにご確認ください。それから、荷物が中で移動しているかも知れませんので、棚を開ける際はご注意ください(トバイアスが、飛行機の添乗員によるお決まりのフレーズを言い換えているので、多くの笑)。荷物がいくつか、転がり落ちて来るかも知れませんよ。座席と、すべての棚と、あなたの周りの客室を、くまなく確認してください。それから、お願いですから、自分の荷物だけを持ってください。お分かりですか、人間の荷物はだいたい、どれも同じように見えますので(笑)、ほとんどは、あなたのものではありません。もし他の人たちのバッグを、引き取ってしまったら、あなたは彼らが、彼らの意識の中で変化を経験するのを、否定することになるかも知れませんよ。信じてください、あなたはそんなものは欲しくありません(笑)。あなたはもう、十分持って来たのです。

あなたのものと、先へ進むためにあなたが選んだものだけを、持って行ってください。いくつかのものには、あなたの印が付いてるかも知れませんが、本当にそうだったのでしょうか? それは本当にあなたなのでしょうか、それとも、役を演じていた、ただの一つの相なのでしょうか? それは、未だにあなたの注意を引こうとしている、ただの一つの過去の生涯だったのでしょうか? それは、あなたが未だ忘れられないかのように見える、他の人や人々のグループによって、あまりにも深く傷つけられた、あなたの一部だったのでしょうか? でもシャーンブラ、あなたが選ぶものだけを持って行きなさい。心の傷を持って行く必要はありません。制限を持って行く必要はありません。私たちがクウォンタム・リープ・エクスプレス(特急便)と呼ぶものの中では、それらはあまりうまく働きません。重くて、時代遅れで、もうあなたの役に立たない荷物は、持って行かないでください。そういうものを、一緒に持って行かなければいけない、と思わないでください。

そうですね、あなたがたの何人かはもうすでに、この次に来る行程の計画を立てています。クウォンタム・リープ・エクスプレスは、メキシコ州タオスの、山岳地方の夏時間の今夜0時に、出発します。この旅に必要なものだけを、持って来てください。

さて、あなたがたの何人かは考えています。「ええと、このアクセサリーは全部必要になるわ。化粧品が必要になりそうね(笑)。着替えの洋服は全部、必要よ。友達にあげるプレゼントがいろいろ必要になるし、クレジット・カードで使えるお金が入り用になるわね。だって、市長が、クレジット・カードが必要だって言ってたもの。(オープニング・セレモニーの、ニューメキシコ州タオス市長からの祝辞にトバイアスが言及したため、大笑い)」

あなたは、紙幣や、預金や、前の夫や、子供や、そういう残りのすべてのものが必要だ、と考えるでしょう。でも、そうする前に、ここで立ち止まりましょう、ヨハム。今ここで立ち止まりましょう。あの深い呼吸を一緒にしましょう。本当に必要なものは、何ですか? 多くありません。そんなに多くありません。あなたが学んで来たこと、ええ必要です。あなたの知恵、もちろんです。その新しいスーツ、あなたが最近試着して、仕立てを頼んでいるやつ、私たちが新しいエネルギーと呼ぶもの、おそらくは。持って来た方がいいですね− クウォンタム・リープ・エクスプレスの中で、裸のあなたを見たくはありませんから(笑)!

でも、私たちが、古いエネルギーの人間の列車の終点に、とても、とても近づく中で、たった今、見てみましょう。本当に必要になるものは、何でしょう? 決めるのがとても難しいですね、ええ、あなたはまだ、ある程度、古いエネルギーの、人間の脳の中にいるのですから。あなたがたはまだ、古いエネルギーの用語で考えています。あなたがたは、この地点に来るまでの旅がどんなだったか、考えていますが、前進することがどんな風になるのか、本当に分からないでいます。あなたが必要とするものだけ、持って来ましょう。

この列車が、今夜駅に着く時、あなたはクウォンタム・リープ・エクスプレスに乗り込むことを、求めらることはありせん。好きな間だけ、駅に留まっていられます。引き返すことはできません− 戻りの列車はないです(笑)。すべての列車が前へ進みます。あなたは好きなだけ、駅に留まって良いのです。たぶん、他のグループの人たちが、遅かれ早かれやって来て、あなたをそのグループに、入れてくれるでしょう。あるいは、今夜私たちと一緒に、クウォンタム・リープすることもできます。

おっと、私たちは列車に乗るんじゃありません。私たちは飛行機に乗るのでもありません。私たちはこれから何に乗るのか分かりません。私たちは知りません!(笑) これまでで、一番ボンヤリした手がかりではないですか(笑いといくらか拍手)! でも、だから特別なのではないでしょうか? それが、ありきたりじゃところではないですか!? だからこそ、今夜ベッドに入って、明日の朝、今度は一体全体、何に乗ったんだか確かめたいと思う、理由になるんじゃないでしょうか!?(多くの笑)

何千ものシャーンブラが、乗り込むつもりであることを、私は知っています。興奮に包まれた何千ものシャーンブラが言います、「この新しいエネルギーって何だろう? クウォンタム・リープって何? それによって、私たちはどこへ向かうんだろう?」 私たちも分かりません。でも今、私に言えるのは、クツミ、アダマス・セント・ジャーメイン、トバイアス、クァン・イェン(観音)、そして他の多くの存在が、今夜、あなたがたとともにいるということです。

あなたがたは独りではありません、シャーンブラ。

そして、そうなります。(And so it is.)


translator: 渡邊 宗則

クリムゾン・カウンシルのトバイアスは、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップにより提供されています。聖書のトビト記からのトバイアスの物語はクリムゾン・サークルのウェブサイトwww.crimsoncircle.comで見ることができます。トバイアスの資料は、世界中のライトワーカーとシャーンブラ達に、1999年8月(トバイアスが人類は破壊の可能性を脱して新しいエネルギーに入ったと話した時)以来、無償で提供されています。 クリムゾン・サークルは、新しいエネルギーに入る最初の人々に含まれる人間の天使の世界的なネットワークです。彼らがアセンション状態の喜びと挑戦を経験するに従い、彼らは他の人々の旅をシェアリングと世話とガイドによって支援します。毎月、7万人を越える訪問者がクリムゾン・サークル・ウェブサイトを訪れ、最新の資料を読み、自らの経験をディスカッションしています。 クリムゾン・サークルはコロラド州デンバー地域で毎月集まりがあり、そこでトバイアスはジェフリー・ホップを通して、最新の情報を提供します。トバイアスは、彼と天界のクリムゾン・カウンシルの他の存在達は実際には人間達をチャネルしていると述べています。トバイアスによれば、内側でそれを経験しながら、それを外側から見られるように、私達のエネルギーを読み、私達自身の情報を翻訳して私達に戻しています。クリムゾン・サークルの集会は一般に公開されていますが、予約をしていただいたほうがいいです。クリムゾン・サークルはその豊かさを世界中のシャーンブラの開かれた愛とギフトを通して受け取ります。 クリムゾン・サークルの究極の目的は、内なるスピリチュアルな目覚めの道のりを歩む人々に、人間のガイド、教師として奉仕をすることです。これは福音伝道の任務ではありません。むしろ内なる光は、人々をあなたの思いやりと世話を求め、あなたのドアステップに案内するのです。“剣の橋”の旅に船出しようとする比類なき、尊い人があなたのところにやって来る時、あなたはその瞬間に何をし、教えるべきかわかるでしょう。 もし、あなたがこれを読んでいて、真実と繋がりの感覚を感じるのなら、あなたは本当にシャーンブラです。あなたは教師であり、人間のガイドです。神性の種を、この瞬間に、あなたの内で花開かせ、そしていつもやって来させてください。あなたは決して一人きりではありません。世界中にファミリーがいて、あなたの周りの領域にも天使達がいるからです。 どうぞ、このテキストを非商業ベース、無償ベースで自由に配布してください。どうか情報は完全に含めるとともに、これらの脚注も含めてください。(※自由配布は、英語の原文に対する許可です。このサイトの情報は翻訳されたものですので、配布はお断りしております。)他のすべての利用については、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップによる書面の同意が必要になります。 コピーライト2007 ジェフリー・ホップ コロラド州ゴールデン80403 私書箱7328 Eメール  Tobias@crimsoncircle.com  著作権所有 クリムゾン・サークルについてのより詳しい情報は email@crimsoncircle.com までメールください。

※元CCJ代表 山崎邦明氏の許可を得て転載しています。

「どうぞ、このテキストを非商業ベース、無償ベースで自由に配布してください。」
これは、アメリカサイトの原文についての事です。
この日本語翻訳は元CCJ代表 山崎邦明氏監修のもと、翻訳されているので、山崎邦明氏の承認が必要です。